天然じゃなくて大人のADHDでした。

30歳になってやっと自分が大人ADHDだったことに気づきました。

他人から嫌われる言葉「私は悪くない」言っちゃダメ絶対!

f:id:rioponi:20190512233840j:plain

こんにちはももりです。

口癖ってひとぞれあると思いますが、それって人の性格出ますよね。

口癖でわかるその人の性格という本も見たりするように、口は本当に災いしか

持ってこないなと思います。

 

おかげさまで、このブログを通して、自分を俯瞰して考え、心理、行動、

気付き、学びを得ています。いくら自分が成長を感じていても他人を傷つけてしまう言葉が私には根付いてしまってるようで、それがこれ。

 

「私は悪くない」

 

自分心の中で止めておけばいいものの言葉に出してしまうんですよね。

どうして私は悪くないと言ってしまうのか。

言葉に出してしまう理由

相手から攻撃されるのが怖い、自動的反射で自己防衛が働いてしまう。

高い壁を作ってとにかく自分の̚非を認めたくない。責められると自分の居場所も存在も否定されてしまうような気になるんです。

 

相手からしたら攻撃を与えている

自分は防衛のつもりなのですが、相手からすると攻撃を与えてる言葉でした。

傷つけているつもりはなくても、自分の非を認めない事で相手の立場になって考えることができない。それすら想像できない。

もちろん。あとで顧みたり反省もしませんので、一方的ですよね。

相手を傷つけてしまっている事にやっと気づきました。

 

自分はダメ人間すぎてみじめか?くそみたいなプライドを持っている事がみじめか。

きっと後者ですよね。

人間、努力と時間をかければこの口癖も直して、ダメはダメなりに学ぶことがあると思うしかないような気がします。

私、そうやって「私は悪くない」って言う度にせっかくの大切な人を

自分で突き放してることに気付かなくちゃ。その癖に後で

「私から離れていかないで」「嫌な部分があるなら言って?治すから」とか

言うんですよきっと。あー嫌だ嫌だ。

今度から、、、、、

「私も悪かった」って先に謝ろう。自覚して謝るパターンと相手から謝罪を求められるパターンなら先に謝った方がまだいい。

 

そこから、相手に改善点を聞いて良くなればそれで〇だよね。

今日もお疲れ様でした。

 

 

プライバシーポリシー