天然じゃなくて大人のADHDでした。

30歳になってやっと自分が大人ADHDだったことに気づきました。

毒親の親もやっぱり毒多め

f:id:rioponi:20181201205942j:plain


母との距離が少しだけ縮まった出来事がありました。ももりです。🍑

 

母と久々に会ったんです。すると、まぁ、

相変わらず一生懸命喋りまくるわけです。

私はいつも、母の話を黙って聞いていればそれで関係性が成り立っていたので、ぼーっと聞いていても、「私の話聞いてる??」とも突っ込まれません。その時は開始からゴールまで一人で喋り続けるので。

少し、耳を傾けると、祖母の愚痴が大半でした。

 

  • 私の事を理解してくれない
  • 相談しても必ず何でも否定してくる
  •  理解してほしいともう思わないので、しゃべらないようにしている

 

母親も祖母に対して不満を持っている

その不満はそのまま私も同じ不満なんですけど。

私は母への不満を持ち、母はまた祖母へ同じ不満を持っており、気持ちの一方通行だと気付きました。

 

母親が感じる祖母への不満

母には姉がおり、祖母はいつも勉強ができる姉を可愛がり、母は劣等感を感じていたようです。

高校受験の際も本当は行きたかった志望校があっても、姉と同じ高校に行かせられたそうです。

本当は犬を飼いたい母親の希望を始めて知る

そんな分かってくれない祖母との生活はなかなか息が詰まると私に愚痴っていました。

私が思わず、『ねぇ??なんかペットでも飼ったら??気が紛れていいかもよ??』と

軽はずみで言った一言に母親はすごく

反応していました。

実はずっと、ずっと前から犬をいつか飼いたいと思っていたようです。

 

そんなん知らなかった!!!!驚。

 

祖母と2人暮らしになる以前、実は小さい頃から犬を飼いたくて捨て犬を拾ってきた事があったけど、父に反対されて泣く泣く手放した事もあったそうです。

今でも、動物嫌いな祖母は犬を飼う事には拒否していると聞いたら、母親に対して同情する気持ちになりました。

 

ずっと欲しいのに、飼ったらいいじゃない!!

 

母親の心情が分かって良かった

今までそんな想いを抱えてた事なんて、全然分かりませんでした。

母親は祖母に何を言っても否定されるので、

もう何も話さない事にしたそうです。だからその本当は話したい気持ちが娘の私に来たのかと思うと、なんとも言えない気持ちになりました。私がサンドバッグになれると時となれない時もあるですけどね。

私は母親と物理的に距離を取ってるけど、母親はそんな祖母と一緒に暮らしてると思うと、

母親の方が私より頑張ってるんだ。と共感する気持ちになりました。

 

年明け母親とペットカフェに行く事に

そのような事があり、年明け母親とペットカフェに行く事になりました。

色んな事情や今まで気付かなかった母親の一面に心を動かれてしまいました。

今まで物理的な距離を取ることでしか、接する事が出来ず一方通行だった関係性が

ペットカフェをきっかけに何か変われば良いなと期待したいです。

 

 

 

 

プライバシーポリシー